業界情報

2018.11.01

業界情報

消費税の10%値上げ前に検討しておくべきこと

1.新消費税率適用に関する経過措置に留意する。消費税が、2019年10月1日から現行の8%から10%に引き上げられる予定です。消費税額は、建設工事の場合、完成引渡時の消費税率で計算されます。これが原則ですが、建設工事の場合、契約から引き渡しまで数ヶ月を要することが多いため、法的な配慮が必要と認められ

2018.09.01

業界情報

損益構造から見える建設業のBCP(事業継続計画)の特色

1.東北大震災を始めとする各地で発生した地震や各地を襲った豪雨災害により、世の中のBCPに関する関心が高まっています。このような中で、建設企業がBCPを策定・実施するにあたって留意すべき点はどのような事柄でしょうか。このことに関しては、建設業の損益構造がヒントを与えてくれます。 2.建設業の損益構造

2018.01.01

業界情報

建設業の研究開発への取り組み(2017年 中小企業 企業白書より)

業種別、従業員規模別に見た中小企業における研究開発の実施割合は以下の通りである。(注)平成27年中小企業実態基本調査報告書(確報)による。以下の付加価値比率も同様である。 建設業は、いずれの従業員数別においても他業種より研究開発実施割合が下回っている。建設業界を挙げて「生産性向上への取り組み」の重要

2017.11.01

業界情報

地域建設企業の企業評価などの見返しの方向性が示される

国土交通省は、今後の発注者のあり方を議論している「発注者責任を果たすための今後の建設生産・管理システムのあり方に関する懇談会(座長・小澤一雅東大大学院教授)」に対し、中間取りまとめ方針案を11月10日に提示した。18年度以降の施策に関する以下の4項目が織り込まれている。(1)企業評価・技術者評価など

2017.10.01

業界情報

公的データ活用について

(1)現在、多くの公的データが日々公開されています。オープンデータには次のようなものがあります。経済統計等の「経済・ビジネス情報」、海洋情報等の「気象・環境情報」、人口や労働に関する「社会情報」、「観光・レジャー情報」、「交通渋滞情報」等これらの情報を収集し、エクセル等を使ってデータ加工することで、

前の10件

次の10件

© 2019 SCC Inst.